50万円を即日で借りる方法を徹底解説!

50万円を借入するのはかなり大きなことですよね。また、これだけの大きな金額だと金利や返済方法も含め、不安に思うことも多くなると思います。特に50万円の即日借入が本当に可能なのかどうかについても疑問に思うところですよね。ここではお金を借りることができる機関である、消費者金融・銀行カードローン・クレジットカードキャッシングの3つで金利と即日借入可能かどうかについて調べてみました。現在50万円の借入が必要だと考えている人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

50万円を即日で借りる方法【目次】

 

消費者金融で50万円を即日で借りる方法

消費者金融といえば、返済についてマイナスなイメージを持っている方が多いと思います。ですが実は銀行カードローンやクレジットカードキャッシングと比べると比較的、金利が安く借りやすいところでもあります。また手続きも比較的簡単なようで、場合によっては収入証明書も不要です。ここでは消費者金融を代表する3社を金利と即日借入可能かどうかで比較してみました。

 

50万円を即日で借りれる消費者金融BEST3の比較表

50万円って30日以内に返そうと思えば返せるけど、少し微妙でもありますよね。そこで気になるのが金利。また借入するときは急に必要なことが多いはず。つまり「即日借入」できるのかどうかが重要。ここではおすすめの消費者金融3社を、金利と即日借入可能かどうかを比較してみました。気になる方はぜひチェック!!

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

アコム

3.0%~18.0%

アイフル

4.5%~18.0%(年率)

モビット

3.0%~18.0%(年率)

とにかく即日借入をするならアコムがオススメ!!

消費者金融のアコムをオススメする理由は、お金を借入することに特化しているだけあり、期間が限定されてはいますが金利0円のサービスがあります。また、最短で即日の借入も可能なので急ぎで50万円を借りたいというときにも1番早く借りることができる可能性が高いです。そういうことも踏まえて特に初めて借入するにはアコムがオススメとなります。さらにカード発行に関しても自動契約機であるむじんくんを使えば契約機の時間内であればその場で対応してもらうことができて、即日のカード発行が可能です。

 

金利が良心的なのは消費者金融!!

50万円の借入をする場合、金利は安くで収めたいですよね。もちろん、50万円という大金なので、そこまで金利は高くはならないかもしれませんが、塵も積もれば山となるという言葉もあるように、返済が長くなるほど金利の金額も多くなります。クレジットカードのキャッシングなどは金利が18%と高いので返済も不安になってしまいがちなのですが、消費者金融の場合は最低金利が3~4%と比較的低めの設定です。もちろんこれは借入の金額が高いほど金利が安くなるシステムなのでここまで低い・・・というわけではありませんが、18%よりは低くなるはずです。こういったことを踏まえて消費者金融がオススメできます。

 

50万円を即日で借りるのにおすすめの消費者金融ランキング

 

アコムの特徴

アコムは自動契約機のむじんくんがあるため即日カード発行可能な消費者金融です。融資は1~800万円までなので50万円という大きな金額でも問題なく借入することが可能です。30日間金利0円サービスもあり、他の金融機関とくらべて少しですが金利の節約にもなります。

金利 3.0%~18.0%
評価 評価5
備考 50万円でも即日借入可能
 

 

 

アイフルの特徴

アイフルは最短30分で審査可能で申込んだ時間帯によっては即日借入が可能な消費者金融となっています。ネット申込の場合、自宅に郵送物が届くのですが家族にバレたくない方向けの郵送方法があり、こっそりと借入することも可能です。また初めての方のみですが最大30日間の金利0円サービスがあるのも嬉しい特典です。

金利 4.5%~18.0%(年率)
評価
備考 家族にバレない郵送方法あり
 

 

 

モビットの特徴

モビットは郵送物や電話がなしのWEB完結が可能な消費者金融となっています。WEB完結する場合は指定の銀行口座を持っている必要があるのですが、持っていれば問題ありません。カード申込の場合は自宅に郵送物が届くので注意が必要です。

金利 3.0%~18.0%(年率)
評価
備考 WEB完結可能
 

 

銀行カードローンで50万円を即日で借りる方法

銀行カードローンで50万円の借入となると、とても難しいイメージがありますが、実はそうでもありません。指定されている銀行の口座を持っていれば、意外とスムーズに借入をすることができます。また金利に関しても消費者金融とそんなに変わらないので、返済もそこまで大変にならないかと思います。ただし、銀行口座を持っていない場合は、即日借入が難しいのも銀行カードローンのデメリットです。ここでは金利や即日借入可能かどうかについてチェックしてみました。

 

50万円を即日で借りれる銀行カードローンBEST3の比較表

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

三菱東京UFJ銀行カードローン

1.8~14.6%(年率)

新生銀行レイクカードローン

4.5~18%(年率)

イオンカードローン

3.8~13.8%(年率)

レイクの銀行カードローンは5万円までなら180日無利息!!

新生銀行レイクでは5万円までなら180日間無利息のサービスがあります。50万円の借入の場合だと、45万円に金利がかかるということです。たった5万円だとしても、こういったサービスが適用されるのとされないのでは全然話が違いますよね。また、借入額全額に対する30日間無利息サービスもあるので、どちらか好きな方を自分で選ぶことができます。

 

三菱東京UFJ銀行は口座不要!!

三菱東京UFJ銀行は口座が不要で借入することができます。この口座が不要というのは、三菱東京UFJ銀行の口座が不要ということです。つまりここの口座を持っていなかったとしても開設の必要はなく、他の銀行カードローンと比べて比較的スムーズに借入することができます。さらにネットで申込の場合は受付時間によって異なりますが、最短30分で審査回答を出してもらうことができます。

 

50万円を即日で借りるのにおすすめの銀行カードローンランキング

 

新生銀行レイクの特徴

新生銀行レイクの銀行カードローンは30日間または180日間、それぞれ条件は違いますが、金利が0円になるサービスがあります。30日間の場合は全額で180日間の場合は5万円に対する金利が0円になります。もちろん初めて借入する方限定となりますが、50万円の借入にこういったサービスが付くのは有難いですよね。コンビニやゆうちょ銀行のATMが手数料無料なのでさらに借入したいときも便利です。

金利 4.5~18%(年率)
評価 評価4.5
備考 30日間または180日間の金利0円サービスあり
 
 

三菱東京UFJの特徴

三菱東京UFJ銀行のカードローンのメリットは、わざわざ口座を開設する必要がないということです。最短30分で審査回答を出してもらうことができますが、これは申込んだ時間帯によって変わるので、その点に関してはなんとも言えません。資金使途は自由というのも大きなポイントです。

金利 1.8~14.6%(年率)
評価 評価4
備考 資金使途自由
 

 

 

イオン銀行の特徴

イオン銀行は14時までの申込で即日審査をしてくれる銀行カードローンです。ただし、これは審査で即日借入とはまた別の話です。カードの受取は最短で4~5日なのでそれ以上かかることもあります。またイオン銀行の口座開設も必要なので、即日の借入は難しいでしょう。

金利 3.8~13.8%(年率)
評価 評価3
備考 専業主婦やパートの方でも申込可能
 

 

 

クレジットカードのキャッシングで50万円を即日で借りる方法

クレジットカードのキャッシングはすでにカードを持っており、キャッシングの利用可能額が50万円であれば即日50万円の借入をすることが可能です。返済方法も一括払いとリボ払いがあるので、自分に合った返済方法を選ぶことができます。ですが、クレジットカードのキャッシングは金利が高いというデメリットがあります。ここではその気になる金利と、本当に即日借入可能かどうかについて調べてみました。気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

50万円を即日で借りれるクレジットカードのキャッシングBEST3の比較表

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

ACマスターカード

10.0~14.6%(年率)

JCBカード

15.00~18.00%(年率)

楽天カード

18.00%(年率)

時間をかけずに即日キャッシングならACマスターカード!!

先ほど、クレジットカードを持っていればキャッシングはスムーズ・・・とお伝えしましたが、持っていない場合はカードの申込をして受け取るまで時間がかかりますよね。つまり借入するのに時間がかかってしまいます。ですが、ACマスターカードの場合は申込をして最短で即日カード発行をしてもらうことが可能です。というのも、ACマスターカードはアコムの系列で自動契約機であるむじんくんを使うことができます。ネットで申し込みをし、審査結果の報告をもらったあとは、近くの自動契約機でカードを受取、完了です。これだけなら消費者金融と変わらないのですが、ACマスターカードの場合は、ショッピングなどでも使用できるのでとても便利です。もちろん金利は消費者金融の方が低金利から設定されています。

 

楽天カードは最短数分でネットキャッシング可能!!

ネットキャッシングというのは、自分の引き落とし口座にお金を振り込んでもらうサービスです。例えば支払いで口座に50万円を入れておかなければならない事情があったとしたら、楽天カードのネットキャッシングを使えば借入することができるのです。もちろんクレジットカードなので、ATMでの借り入れも可能です。ただしATMを使用する場合1回で借入できる金額は1~50万円までです。

 

5万円を即日で借りるのにおすすめのクレジットカードキャッシングランキング

 

ACマスターカードの特徴

ACマスターカードはカードを持っていなくても大丈夫、即日カード発行可能なクレジットカードです。アコム系列なのでキャッシングに特化したクレジットカードとなっているのですが、もちろん普段使いでも問題ありません。金利は10~14.6%とクレジットカード会社の中では低めの金利なので、それも嬉しいポイントです。/p>

金利 10.0~14.6%
評価 評価5
備考 即日カード発行可能
 

 

 

楽天カードの特徴

楽天カードはその名のとおり、楽天系列のクレジットカードです。ネットキャッシングや海外キャッシングも可能なクレジットカードとなっています。金利は18%と高めの設定なので、楽天カードをすでに持っていてキャッシングが良い、または即日必要というとき以外は他の金融機関の方が良いかもしれません。またあらかじめ利用可能額をチェックしておく必要があります。

金利 18.0%
評価 評価5
備考 ネット・海外キャッシングサービスあり
 

 

 

JCBカードの特徴

JCBカードはカードのクラスや、返済方法によって少しずつ金利が変わるクレジットカード会社です。50万円の借入となると、あらかじめ利用可能額の確認も必要です。収入証明書も場合によっては必要になるので、あまり提出したくないという方にはオススメできません。もちろん即日のためにはカードを持っている必要があるので注意です。1からのカード発行には時間がかかります。

金利 15.00~18.00%(年率)
評価 評価5
備考 キャッシング振り込みサービスあり
 

 

50万円を即日借入するとき、消費者金融・銀行カードローン・キャッシングのメリット・デメリット

お金を借りる際、どこの金融機関を使うとしてもそれぞれメリットとデメリットが存在します。それを知った上でお金を借りるのと、知らずにお金を借りるのではまた違いますよね。そこでそれぞれのメリットとデメリットを少し紹介したいと思います。

消費者金融

メリット
  • すぐに借りることができる
  • パート・アルバイトの方でも一定の収入があれば借入可能
  • サービスが充実している
  • 周りにバレにくい
デメリット
  • 返済期限を過ぎてしまうと、今後借入しにくい
  • 計画的に借入しないと長引いてしまう
  • 周りの人の消費者金融に対するイメージが悪い

銀行カードローン

メリット
  • 銀行のカードローンなので安心感がある
  • 金利がキャッシングほど高くない
デメリット
  • 返済が滞ったりすれば今後口座の開設ができなくなる可能性がある
  • 来店が必要な銀行もある

クレジットカードキャッシング

メリット
  • カードを持っていれば即日キャッシング可能
  • 海外でもキャッシング可能
  • ネットキャッシングを行っているところが多い
デメリット
  • 金利が高い
  • 返済方法が一括払いかリボ払いのみ

 

50万円を借入したいのですが、バラバラの金融機関で借りる方が良いですか?

例えば50万円が必要だとして、10万円ずつ違う機関から借りるとします。その場合、手続きにも手間がかかりますし、場合によっては審査に通らないなんてこともありえるかもしれません。また金利は借りる金額が低いほど金利が高くなります。そういったことを考えると、1つの機関にしぼって、金利も一定の方が返済時も楽かなという気がします。

 

50万円を即日で借りる方法:Q&A

専業主婦です。50万円借入したいです。可能ですか?

専業主婦の方でも借りることができる金融機関はあります。まずは金利などを見比べて、専業主婦でも可能な金融機関に審査の申込をするとよいでしょう。

 

50万円が必要で現在40万円借入しています。これ以上借りることはできますか?

キャッシングに関しては利用可能額が決められており、手続きをすれば可能になるかと思います。消費者金融や銀行カードローンは上限が大きいですし、今までの返済や現在の状態で問題なければ借入できると思います。まずは問い合わせしてみることが良いです。

50万円借りる場合、利息はどうなる?

即日50万円借りる方法はありますが、その前に利息のリスクについては理解しておくべきです。カードローンの金利は、4.0%~18.0%などと表記されていますので、運がよければ4.0%で借りられるかもしれないと考えてしまう人がいます。しかし、50万円を借りる場合には、最高の18.0%となる可能性が高いです。銀行カードローンならば、3.0%~14.0%などとなっていますが、50万円を借りた場合には最高の14.0%となります。なぜかというと、年利は限度額に応じて下がっていくからです。限度額が10万円~500万円となっていたなら、限度額50万円以内では最高金利が適用されると考えておくとよいでしょう。

金融機関の判断にもよりますが、限度額60万円になったあたりから、少しずつ年利が下がっていきます。50万円を年利18%で借りたら、1ヶ月でおよそ7500円の利息がかかります。毎月1万円ずつしか返済していかなかった場合、最初は利息で7500円がとられるので、元本は2500円しか減らないことになります。最初のうちは、元本がなかなか減らない状況が続くでしょう。毎月1万円ずつしか返済しなかった場合、完済できるのは7年以上も先になり、利息でおよそ42万円がかかってきます。

50万円を借りるのに42万円の手数料を支払うということになりますので、最初からわかっていたらほとんどの人は借りないかもしれません。このように、無計画に借りてしまうと、返済期間が長くなり、高額な利息をとられてしまうという結果になることもあります。50万円を借りて毎月1万円ずつ返済していったら、50ヶ月もしくはそれに近い期間で完済できると単純に計算してしまう人もいるようなので、注意が必要です。実際には、年利18%で借りた場合には完済までに94ヶ月かかることになります。銀行カードローンは金利が低いと言われていますが、50万円を借りる場合には、年利14%~15%程度になることが多いです。

自動車ローンが年利3%~7%程度、住宅ローンが年利1%~3%程度であることを考えると、かなりの負担になると感じるのではないでしょうか。銀行カードローンで借りる場合でも、住宅ローンを借りているなどの一定の条件を満たせば優遇年利が適用されることがあります。また、土地などの担保を提供できるなら、不動産担保ローンを利用して、年利1%~5%程度で借りられることもあります。リスクを減らすような工夫をしましょう。

 

即日50万借りる方法

即日で50万円を借りるとなると、選択肢は限られてきます。不動産担保ローンは、担保に入れる土地の調査があるので、審査に時間がかかる傾向があります。銀行フリーローンについても、突発的な融資に対応した商品ではないため、1週間程度はかかります。突発的な融資に対応している商品は、カードローンになります。銀行カードローンの場合、平日の昼までに申し込みをすれば、その日のうちに融資を受けられることがあります。ただし、銀行カードローンでは、その銀行の普通預金口座を持っていることが条件になっていることもありますので、よく確認をしておきましょう。郵送で口座を作成していると、1週間程度の時間がかかってしまいます。

すでにその銀行で口座を持っているならよいですが、持っていない場合には、口座がなくてもその日のうちに借りられるのかを公式ホームページなどで確認しておきましょう。また、銀行では審査に時間がかかる傾向があるので、なるべく平日の午前中に申し込みをしておくのがよいでしょう。急ぎでお金を借りたい場合、審査落ちのタイムロスはなるべく避けたいところです。銀行の審査に一発で通る自信があるのなら、銀行カードローンに申し込むのもよいですが、審査落ちのタイムロスをなくすためには、最初から大手の消費者金融に申し込みをしておくのが無難かもしれません。

大手の消費者金融も審査は甘くはないようですが、銀行に比べると審査落ちのリスクは少ないようです。大手の消費者金融では、最短30分ほどの審査で結果が出るので、1社に落ちてもまた次の1社に申し込みをする余裕が生まれます。また、1社の審査には通ったが、限度額が40万円となってしまった場合には、次の1社に申し込みをして、10万円を借りるということもできます。大手の消費者金融でも、銀行振り込みで融資を受けるなら、平日の15時くらいまでには手続きを終えている必要があります。申し込みは14時くらいにすませておくべきでしょう。その時間を過ぎると、振込みが反映されるのが翌日になってしまうことがあります。

翌日が土曜日である場合には、次の月曜日まで待たなければなりません。大手の消費者金融では、自動契約機が設置されているので、自動契約機までカードを取りに行けば、すぐにカードを手に入れることができ、ATMからの融資も受けられるようになります。自動契約機までカードを取りに行けるなら、土日や祝日でもその日のうちに借りることが可能です。